粉砕機

TianJiu の粉砕機でタブレット生産をアップグレードしましょう!

粉砕機をアップグレードしたいですか?これ以上探さない。天酒は大手卸売業者です。 粉砕機、中国から直接。当社の高品質粉砕機は、ビジネスの効率と生産性を向上させるように設計されています。当社の卸売価格を利用すると、大幅な節約ができ、お金に見合った最高の価値を得ることができます。最高の装備が手に入るのに、標準以下の装備で満足しないでください。この期間限定オファーを利用して、Tianjiu で粉砕プロセスに革命を起こしましょう。今すぐお問い合わせください。

  • SVG

    天九の粉砕機のご紹介

粉砕機 大きな粒子をより小さく扱いやすい破片または粉末に分解するように設計された機械です。
●農産物、化学薬品、食品など、固形物から軟質物まで幅広く粉砕に使用されます。
• 粉砕機は、最適な粒子サイズの縮小のために粉砕プレートを採用しています。
• これらの強力な機械にはさまざまなサイズがあり、必要な材料や作業に合わせて速度設定を調整できます。
• 農業、化学工学、食品加工などの多くの業界で広く採用されている粉砕機は、産業運営を最適化するための不可欠なツールです。

粉砕機-1

天酒粉砕機シリーズ

錠剤のマイクロハーブクラッシャー

錠剤のマイクロハーブクラッシャー

錠剤のマイクロハーブクラッシャー は、材料を効果的に小さな粒子に分解し、さらなる処理の準備を整える非常に効率的なデバイスです。幅広い物質に対応できる汎用性を誇ります。ステンレス鋼で作られたこの強力な粉砕機は、長期にわたる耐久性を保証します。調整可能な速度設定と内蔵の集塵システムを備えたマイクロ ハーブ クラッシャー オブ ピルズは、あらゆる粉砕ニーズを満たし、最高の結果を保証する究極のソリューションです。

製品の特徴

●ISO9001規格の認証を取得しており、優れた品質を誇ります。
• 原料を素早く効率的に微粉末に粉砕します。
●ふるい不要、水冷装置付です。
●パルス吸塵方式によりクリーンな運転を実現します。
• 220V と 380V の間で切り替えたり、特定の要件に合わせてカスタマイズしたりできます。
●安心の1年間保証付きです。

主目的

• 錠剤の形のマイクロハーブクラッシャーにより、薬草を効率的に微粉末に砕き、表面積を増やしてバイオアベイラビリティを向上させることができます。
• ハーブを粉砕すると、さまざまな治療用途への適合性が向上し、投与量の一貫性が向上します。
• 自然療法を好む人にとって不可欠なツールで、簡単に摂取して体に吸収できるハーブを準備する方法を提供します。

技術的パラメータ

モデルWFJ-15WFJ-20WFJ-30WFJ-60WFJ-80
容量(kg)20~10050~200100~400200~800300~1000
送り寸法(mm)<10<10<12<12<12
出力サイズ(メッシュ)80~320(調整可能)
モーター出力(kw)13.3718.3742.577.596
主軸回転数(rpm)58004200380032002800
重量(kg)8501000130025003000
全体のサイズ(長さ*幅*高さ)(mm)4200*1200*27004700*1250*29006640*1300*39607500*2300*45308500*2500*4600

ステンレス鋼機械のハーブ粉砕機

ステンレス鋼機械のハーブ粉砕機

ステンレス鋼ハーブ粉砕機機械 堅牢かつシンプルな設計により、高い破砕効率を達成しながらスムーズで確実な操作を保証します。さまざまなメッシュサイズのスクリーンを交換するだけで、粉砕原料のサイズを柔軟に調整できます。さらに、内壁は細心の注意を払って研磨されており、粗さや粉末の蓄積を排除した完璧な表面が得られ、州の基準と GMP 要件の両方を満たしています。

製品の特徴

• ステンレス鋼機械のハーブ粉砕機は、信頼性の高い操作と効率的な粉砕のために設計されています。
●粉砕室により粉砕原料の排出が容易です。
●メッシュサイズの異なるスクリーンを交換するだけで、原料サイズを柔軟に調整できます。
• 内壁は滑らかで平らな仕上げに研磨され、粗さや粉の蓄積がなくなりました。
• 州の基準および GMP 要件を満たす医薬品、食品、化学物質の保証。

主目的

• ステンレス鋼機械のハーブ粉砕機は、ハーブを細かい粒子に粉砕するプロセスを簡素化し、最適化します。
●耐食性の高いステンレス製で、食品・製薬業界の基準を満たした耐久性と衛生性を備えています。
• 高速回転刃によりハーブを粉砕し、使いやすいように微粉末状に包装したり、使用したりできます。
• この機械への投資により、業務効率が向上し、手作業が軽減され、一貫した製品品質が保証されます。

技術的パラメータ

モデルTF-20TF-30TF-40TF-60TF-80
粉砕繊度(メッシュ)12-12012-12012-12012-12012-120
生産能力(kg/h)20-15030-30040-80080-1200150-2000
重量(kg)2503504508001200
モーター出力(kw)47.6112230
主軸回転速度45003800340030002100
帯電粒度(mm)610121520
全体のサイズ(mm)700*900*1500800*1100*1700850*1200*1850950*1300*19501100*1000*2100

高速医薬品粉砕機

高速医薬品粉砕機

 

高速医薬品粉砕機 は、医薬品処理の速度と効率を向上させるために設計された革新的な装置です。効果的で信頼性の高い技術を活用し、可動歯ディスクと固定歯ディスク間の相対運動、歯の摩擦、原材料自体からの衝撃を利用します。これらの力を組み合わせることで、原材料を楽に粉砕し、素晴らしい結果をもたらす包括的な作用を実現します。さらに、ユーザーフレンドリーでメンテナンスも最小限で済むため、製薬業界の担当者にとって最適です。

製品の特徴

• 高速医薬品粉砕機は、高度な機能と精密な粉砕を提供します。
●高効率モーターを搭載し、スピードと安定性を実現します。
• 低温操作により、医薬品の有効成分が保存されます。
・インターロックシステムなどの安全機能により誤起動を防止します。
• 堅牢な構造と耐摩耗性の部品により寿命が長くなり、メンテナンスコストが削減されます。

主目的

●高速医薬品粉砕機により、医薬品や原料を効率よく粉砕します。
• この機械は、均一な粒子サイズを実現し、安定した高品質の製品を生産するために不可欠です。
• 速い速度により生産が加速され、精密な研削により無駄が削減され、材料の利用率が向上します。
• 全体として、持続可能な製造慣行のための費用対効果の高いソリューションを提供します。

技術的パラメータ

モデルSF-20BSF-30BSF-40BSF-50B
主軸がすぐに回転します5800r/min4500r/min3800r/min3200r/min
生産能力(kg/h)5-15020-30060-800100-1400
供給小包(mm)6101212
スマッシュ薄さ(メッシュ)60-15060-12060-12060-120
モーター出力(kw)45.57.511
フェンパワー(kw)0.550.751.13
全体のサイズ(mm)1100*600*16501200*650*16501350*700*17001400*800*1750

当社の粉砕機が選ばれる理由
  • SVG

    当社の粉砕機が選ばれる理由

高効率: 当社の粉砕機は、高効率と優れた性能を提供するように設計されています。高度な技術により、あらゆる材料を迅速かつ効率的に粉砕および粉砕できます。
調整可能な細かさ: 特定の要件に合わせて粉砕の細かさを調整できるため、製品に必要な粒子サイズを正確に実現できます。
多用途性: 当社の粉砕機は、鉱物、化学品、食品、医薬品など幅広い材料の粉砕に適しています。
低メンテナンス: シンプルな構造なので、掃除やメンテナンスが素早く簡単に行えます。
エネルギー効率: 当社の粉砕機はエネルギー効率が高いです。市場の他の多くのモデルよりも消費電力が少ないため、光熱費を節約できます。また、騒音値も低いので環境に優しく、作業環境にも優れています。

関連製品の推奨事項

粉砕機について知っておくべきことすべて

粉砕機はグラインダーとしても知られており、材料をさまざまな用途の微粒子に粉砕するために使用されます。粉砕機の操作の技術的側面を詳しく掘り下げ、機械に関するよくある質問に答えます。この包括的なガイドは、理解を深めることを目指す専門家と熱心に学びたい初心者の両方に最適です。

粉砕とは何ですか?また、どのように機能しますか?

粉砕とは何ですか?また、どのように機能しますか?

粉砕機の定義

粉砕機はグラインダーとしても知られ、さまざまな種類の材料を粉砕するために使用される機械装置です。その主な目的は、あらゆる種類の産業で使用される固体材料またはさまざまな種類の原材料のサイズを削減することです。通常、粉砕機は、粉砕、みじん切り、粉砕、粉砕、微調整など、材料を減らすために使用されるプロセスの一部として粉砕シーケンスで使用されます。その操作は、原材料へのエネルギー入力の効率を高める材料準備の重要な部分です。粉砕機はその堅牢性と多用途性により、材料の加工や製造の分野に欠かせないものとなっています。

粉砕機の動作原理

粉砕機の動作原理は衝撃の概念を中心に展開されます。高速粉砕ツールを備えたこの機械は、激しく振動させたり、遠心力を利用したりすることで原料を小さなサイズに粉砕します。原料はフィードチューブを通って粉砕機に入り、粉砕チャンバーに到達し、そこで硬い表面と鋭い刃に衝突して粉砕されます。次に、粉砕された材料は、分離および収集のために空気またはその他の媒体によって運び去られます。研削工具とスクリーンのクリアランスを調整することで、最終製品の粒度を調整できます。粒子サイズの精度が高く、温度制御が容易で、エネルギーの効率的な利用が可能な粉砕機は、プラスチックのリサイクル、化学、製薬などの多くの業界に最適です。

粉砕機が扱える材料の種類

粉砕機はさまざまな種類の材料を処理できるため、幅広い用途があります。これらには次のものが含まれます。

  1. ミネラル: 粉砕機は、さまざまな工業プロセスで石炭、石灰石、石英などの鉱物のサイズを効果的に小さくします。
  2. 金属: 鉄、銅、アルミニウムなどの金属鉱石は、金属加工産業で使用するために粉砕できます。
  3. セラミックス: さまざまな種類のセラミック、特に構造用途に使用されるセラミックを微細なサイズに粉砕できます。
  4. 化学物質: 有機化合物と無機化合物の両方を効率的に粉砕し、さまざまな化学工業で使用できます。
  5. プラスチック: 粉砕機はプラスチックのリサイクルにおいて重要な役割を果たしており、プラスチック廃棄物を再利用するために細かい粒子に粉砕するために使用されます。

結論として、粉砕機はさまざまな材料を処理できる能力に加え、その堅牢性とエネルギー効率により、さまざまな業界で不可欠なものとなっています。

粉砕機を使用するメリット

粉砕機を使用すると、さまざまな業界で貴重なツールとなる多くの利点が得られます。まず、粉砕機は 効率。幅広い材料を一定の粒径に粉砕できるため、工業プロセスの速度が大幅に向上します。

第二に、彼らは賞賛されています。 高いスループット能力。大容量粉砕機は、従来の粉砕機に通常影響を与える磨耗を発生させることなく、大量の材料を処理できます。これにより、長期的には費用対効果の高いソリューションとなります。

第三に、粉砕機は次のことに貢献します。 環境の持続可能性。たとえば、プラスチックリサイクル業界では、粉砕機がプラスチック廃棄物を再利用可能な材料に粉砕することで、環境汚染を削減します。

最後に、最終製品の品質は、 均一な粒径 これは、製薬、鉱業、食品加工などの多くの業界で重要な粉砕によって実現されます。したがって、工業プロセスで粉砕機を利用すると、全体的な生産性と製品の品質が大幅に向上します。

粉砕機の重要なコンポーネント

粉砕機は、効率的な粉砕を実現するために調和して機能するいくつかの重要なコンポーネントで構成されています。

  1. ホッパー: これは、粉砕される材料が機械に供給される入口です。さまざまな量の材料に対応できるように設計されており、一部のデバイスは柔軟性を高めるために調整可能なホッパーを備えています。
  2. 粉砕室: ここで実際の粉砕が行われます。粉砕チャンバーには、材料と相互作用する粉砕要素が収容されており、材料を目的の粒子サイズに小さくします。
  3. 研削要素: これらは、粉砕機の特定の設計に応じて、ハンマー、ブレード、ピン、またはディスクになります。通常、粉砕の過酷さに耐えられるよう、耐久性のある素材で作られています。
  4. 画面または分類子: このコンポーネントは粉砕された材料を濾過し、必要なサイズの粒子のみを通過させるのに役立ちます。対照的に、より大きな粒子は、さらなる削減のために粉砕チャンバーに戻されます。
  5. 排出口: 粉砕された材料は排出口を通って機械から排出されます。一部のデバイスには、出力の流れを制御するための調整可能な出口が付いています。
  6. モーター: これにより、研削要素の駆動に必要な電力が供給されます。多くの場合、エンジンのサイズと強度によって粉砕機の能力が決まります。
  7. 制御システム: 最新の粉砕機には、供給速度、モーター速度、粒子サイズなどのさまざまなパラメーターを調整するための制御システムが搭載されていることが多く、オペレーターが粉砕プロセスを最適化できるようになります。

これらの主要なコンポーネントを理解することで、粉砕機がどのように機能するか、および各部品が全体の動作において果たす重要な役割をより明確に把握できます。

粉砕機にはどんな種類があるの?

粉砕機にはどんな種類があるの?

粉砕機にはさまざまな種類があり、動作機構や設計構成、用途などによって分類されます。よく使用される 5 つのタイプを次に示します。

  1. 衝撃粉砕機: 高速衝撃を利用して材料を粉砕します。粒子のサイズは、ハンマーによる打撃、粉砕チャンバーの壁との衝突、および粒子同士の効果の組み合わせによって小さくなります。
  2. ボールミル粉砕機: これらは通常、粉砕媒体として機能する小さなボールが充填された水平回転シリンダーです。投入材料はこれらのボールとシリンダー内壁の間で粉砕されます。
  3. ボウルミル粉砕機: 垂直スピンドルミルとしても知られるこのタイプでは、大きな固定ボウルにローラーが取り付けられています。ボウルが回転すると、材料がボウルとローラーの間に押し込まれ、細かい粉末に粉砕されます。
  4. ハンマーミル粉砕機: 彼らは、高速で動くローター上で揺れるハンマーを使用して、投入された材料を粉砕します。次に、粉砕された材料は、特定のサイズの粒子のみを通過させるスクリーンを通過します。
  5. 石炭粉砕機: 石炭処理用に明確に設計されたこのタイプの粉砕機は、粉砕、衝撃、磨耗を組み合わせて石炭を燃焼に適した均一なサイズに粉砕します。

それぞれのタイプには利点があり、材料の種類と必要な粒子サイズに基づいて選択され、さまざまな産業用途で使用されています。

粉砕機の用途

インパクトクラッシャー1の破砕部の構造図。 2段階のパート。 3ハンマーヘッド。 4 フィードポート。 5ローター。 6ガイドコーン。 7-二次空気入口。 8リフトパイプ。 9フィードパイプ。 10 - タービンローター。 11−排出ポート。 12 - 粉砕モーター。 13−一次空気入口。 14—戻り空気入口
インパクトクラッシャーの構造図
1-破砕部分; 2段階のパート。 3ハンマーヘッド。 4 フィードポート。 5ローター。 6ガイドコーン。 7-二次空気入口。 8リフトパイプ。 9フィードパイプ。 10 - タービンローター。 11−排出ポート。 12 - 粉砕モーター。 13−一次空気入口。 14—戻り空気入口

粉砕機は、材料を特定のサイズまたは状態に粉砕できるため、幅広い用途に使用できる多用途の機械です。以下にいくつかの重要なアプリケーションを示します。

産業用途

粉砕機は、発電や冶金などの産業で材料や廃棄物を粉砕するために一般的に使用されています。これらは廃棄物管理とリサイクルプロセスにおいて重要な役割を果たします。

農業用途

農業では、粉砕機は飼料や穀物の粉砕に使用されます。家畜の飼料の混合や加工が容易になり、農業の効率化に貢献します。

化学用途

化学産業では、粉砕機は複雑な物質を粉末または顆粒に分解する上で重要な役割を果たします。これは、肥料、医薬品、または化合物の製造に不可欠な場合があります。

鉱物処理用途

粉砕機は鉱物処理の分野に不可欠であり、さまざまな用途で金属抽出や粒子削減などの後続のプロセスで鉱物を破砕および粉砕する必要があります。

マテリアルハンドリングアプリケーション

マテリアルハンドリングでは、石炭、石灰石、砂利などのマテリアルのサイズを小さくするために粉砕機が使用されます。これにより、輸送と保管が容易になり、輸送コストが削減され、取り扱いがより安全かつ効率的になります。

各用途には特定の粉砕機要件があります。適切なタイプの粉砕機を選択すると、効率と生産性が大幅に向上し、最適なパフォーマンスと生産品質が保証されます。

ニーズに適した粉砕機をどのように選択しますか?

ニーズに適した粉砕機をどのように選択しますか?

1. 利用目的:

まず、粉砕機が使用される特定の用途を検討します。農業加工から鉱物抽出までさまざまな用途があり、それに応じて最適な粉砕機も異なります。

2. 材料の種類:

処理される材料の種類も重要な要素です。農業で穀物を粉砕するために使用される粉砕機は、工業環境での石炭の粉砕には適していない場合があります。

3. 効率と生産性:

粉砕機の効率と生産性を考慮してください。これらの要因は、全体的なパフォーマンスと出力品質に大きな影響を与える可能性があります。

4. 特徴:

探しるべき一般的な機能には、耐久性、使いやすさ、メンテナンス要件、安全機能などがあります。お客様に最適な粉砕機は、これらの分野におけるお客様の特定のニーズによって異なります。

5. 相談:

最後に、粉砕機を特定の要件に適合させるには、専門家またはディーラーに相談することが非常に重要です。彼らは業界の知識と経験に基づいてアドバイスを提供し、お客様が最適な選択をできるようお手伝いします。

適切に選択された粉砕機は、効率と生産性を向上させるだけでなく、廃棄物とコストも削減します。したがって、時間をかけて正しい選択をすることは、長期的には利益をもたらす投資となります。

粉砕機のメンテナンスと安全性に関する考慮事項

フラットエアフローミルの動作原理の概略図1 - 高圧ガス分配チャンバー。 2 - 粉砕および分級チャンバー; 3 - エアフローノズル。 4 - ジェットフィーダー。 5 - 高圧ガス入口。 6 - 排ガス排出管; 7 - 完成品コレクター。 8 - 粗い粒子。 9 - 微粒子。 10 - 圧縮空気。 11—材料
フラットエアフローミルの動作原理の模式図
1 - 高圧ガス分配チャンバー; 2 - 粉砕および分級チャンバー; 3 - エアフローノズル。 4 - ジェットフィーダー。 5 - 高圧ガス入口。 6 - 排ガス排出管。 7 - 完成品コレクター。 8 - 粗い粒子。 9 - 微粒子。 10 - 圧縮空気。 11—材料

粉砕機の定期メンテナンスの実践

定期的なメンテナンスを遵守することは、粉砕機を安定して動作させ、寿命を延ばすために非常に重要です。特に研削部分にほこりや破片が蓄積しないように定期的に清掃することが必須です。定期的に点検し、研削ローラーやリングなどの摩耗した部品を交換してください。摩擦や磨耗を最小限に抑えるために、可動部品に定期的に潤滑する必要があります。

粉砕機を操作する際の安全上の注意事項

粉砕機を操作するには、いくつかの安全上の注意事項を遵守する必要があります。怪我を防ぐために、安全メガネや手袋などの保護具を常に着用してください。検査または清掃の前に、機械の電源がオフになっていることを確認してください。過熱やコンポーネントの損傷を防ぐため、機械の能力を超えた過負荷を避けてください。

一般的な問題とトラブルシューティングのヒント

動作上の問題が発生した場合は、次のトラブルシューティング手順を実行できます。 供給エリアと排出エリアに詰まりがないか確認します。研削コンポーネントの磨耗を検査し、必要に応じて交換します。異常な音や振動がある場合は、粉砕機のベアリングやベルトを点検してください。

粉砕機の安全基準と規制

安全基準と規制を遵守することが最も重要です。米国では、労働安全衛生局 (OSHA) が粉砕機の安全な操作に関するガイドラインを提供しています。これには、機械の保護、騒音制御、可燃性粉塵の処理に関する仕様が含まれています。

粉砕機オペレーターのトレーニングと認定

粉砕機オペレーターのトレーニングと認定は、安全性と能力を確保するために不可欠です。トレーニングを通じて、オペレーターは操作手順、安全慣行、トラブルシューティング、およびメンテナンスに関する知識を得ることができます。国立労働安全衛生研究所 (NIOSH) などの認定プログラムは、包括的なトレーニングを提供し、オペレーターの資格基準を確立しています。

参考文献

  1. 労働安全衛生管理局。 (nd)。機械と機械の警備。 https://www.osha.gov/laws-regs/regulations/standardnumber/1910/1910.212 から取得
  2. 国立労働安全衛生研究所。 (nd)。トレーニング、教育。 https://www.cdc.gov/niosh/programs/training/ から取得
  3. 安全+健康マガジン。 (nd)。機械の安全性。 https://www.safetyandhealthmagazine.com/topics/96-machine-safety から取得
  4. 環境保護庁。 (nd)。排出基準リファレンスガイド。 https://www.epa.gov/stationary-engines/emission-standards-reference-guide から取得
  5. 米国規格協会。 (nd)。機械の安全。 https://www.ansi.org/safety-health/safety-of-machinery から取得
  6. 機械の安全ガイド。 (nd)。機械の安全性の基本を理解する。 https://www.machinesafety.com/resources/machine-safety-guide から取得
  7. 全国防火協会。 (nd)。可燃性粉塵の基準。 https://www.nfpa.org/codes-and-standards/all-codes-and-standards/list-of-codes-and-standards/detail?code=652 から取得
  8. 米国労働省。 (nd)。コンベヤの安全性。 https://www.osha.gov/conveyor-safety から取得
  9. 産業機器ニュース。 (nd)。粉砕機メンテナンスガイド。 https://www.industrial-equipment-news.com/pulverizer-maintenance-guide/ から取得

天九に連絡する

お問い合わせフォームのデモ

よくある質問

A: 粉砕機には石炭粉砕機、コンクリート粉砕機、ディスク粉砕機、土壌粉砕機などがあります。

A: 微粉炭機は、炉内で燃焼させるために石炭を細かい粒子に粉砕するために使用されます。発電所で電気を生成するためによく使用されます。

A:コンクリート粉砕機はコンクリートを細かく粉砕するために使用されます。大量の廃棄物をリサイクルするために、解体や建設プロジェクトで一般的に使用されます。

A:一次粉砕機で原料を最初に粉砕、粉砕し、二次粉砕機でさらに粉砕した原料をより細かい状態にします。

A: 高速粉砕が可能で、大量の材料を一括処理できるため、粉砕にはローラーミルが一般的に使用されます。

A: 粉砕機は、石炭、コンクリート、鉱物などの材料を処理するために、さまざまな産業用途で使用されています。これらは、製造施設、研究所、バルクマテリアルハンドリングシステムでよく利用されます。

A: はい、粉砕機を油圧ショベルに取り付けて粉砕作業を行うことができます。この組み合わせは、建設や解体プロジェクトでよく使用されます。

A: 空気分級粉砕機は、空気を利用して粒子のサイズと細かさに基づいて粒子を分離する特殊な粉砕機です。高品質で一貫した出力を生成することで知られています。

A: 用途に適した粉砕機の選択は、粉砕する必要がある材料の種類、希望の細かさまたは粒子サイズ、必要な生産能力、特定の好みや要件などの要因によって異なります。用途については、粉砕機を専門とする経験豊富なエンジニアまたは機器ディーラーにご相談いただくことをお勧めします。

よくある質問
粉砕機エキスパート
OEMサービス
上部へスクロール
お問い合わせフォームのデモ